井上えいじ の ブログ



春日部市議会の議事運営委員会の視察で11月15日に滋賀県彦根市、16日に滋賀県大津市17日大阪府茨木市を訪問しました。

彦根市は人口11万人の、徳川幕府大老井伊直弼を生んだ歴史ある街で、国宝彦根城(世界遺産暫定リスト登載)が有ります。ここでは、議場コンサ-ト、子供議会、議会運営等についてお伺いしました。

議場コンサ-トは文字どおり市議会議場で滋賀県立大学オーケストラなどが演奏するものです。子供議会は小学6年生が授業で議会の勉強する機会をとらえて、市内17校から各2名の子供たちから一般質問を受けると言うものです。

両企画とも好評との事でしたが、議場コンサ-トは幾ら傍聴者を招くとしても24名の議員たちへのサ-ビスと受け取られないか心配です。又、子供議会も子供の質問とは思えない質問が出るそうで工夫がいるのかな?と感じました。一方、議会運営では、我々の既成概念を超える方法が採られていました。

多少専門的になりますが、議員の質問には予算などの提案に対する質疑(議員の意見は不可)と一般質問(議員の意見はOK)が有りますが、これを分けずに行っているそうです。之は中々合理的な方法でベテランの議員でも質疑の際に議員の意見を言ってしまうスレスレの事が往々にして有りますから、そう言った心配無く自由に喋れるのは良いことだと感じました。

2日目の16日は滋賀県庁所在地の大津市でした。人口34万人の都市は、京都・奈良に次ぐ文化財の宝庫で、世界遺産比叡山延暦寺、源氏物語の石山寺のある湖都であります。そのせいでも無いでしょうが議会のトイレがウオシュレットとは初めてでした。

こちらでは殆んど議会運営等についてお伺いしました。議員の質問については彦根市同様、質疑と一般質門混在方式でしたが、一括方式、分割方式、1問1答方式という又特色あるやり方で、反問権は認めず<聞き返し>を行うと言うことで、勉強になりました。

最終日は大阪と京都のまん中にある茨木市を訪問。龍谷大学と市議会が地域連携協定を締結(1年前には茨木市も人材育成で協定)した理由とその効果を伺いました。大学は議員研修に講師派遣したり議員の受け入れを行い、議会は大学院生を受け入れ議会運営の実務研修を行っているとのことでした。

  1. 2011/11/17(木) 22:27:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiji5inoue.blog46.fc2.com/tb.php/91-ccdbc165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (240)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター