井上えいじ の ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月27日金曜日から6月議会が始まり、6月7日火曜日の日に私がラストバッタ-で下記の内容の一般質問を致しました。執行部答弁は、市議会HPをご覧ください。

<防災対策について>
(第1回目)議席番号18番。井上英冶です。3月定例会、質問通告書に基づき質問いたします。第1点目の質問、防災対策について、です。
冒頭、まず3月11日の東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、市の職員の皆様におかれましても徹夜作業に従事されるなど、大変ご苦労様でした。
先日、私も春日部接骨師会の先生に同行して避難先となっている騎西高校を訪問しましたが、マスコミやボランテイア等の色々な方が騎西高校に来ておりましたが、環境整備も少しずつ進められ、校庭は砂ホコリ対策でブルドーザーが走り回っていました。春日部接骨師会の先生方は、自分の仕事の休憩時間を利用して片道1時間近く掛るところを交替で、ボランテイアで無料の診察をされていました。公的支援だけでなく、このようなボランテイア行動が避難者の皆様の支えになっているのではないでしょうか。

さて、今回の東日本大震災での春日部における被害状況については、逐次、危機管理室や災害対策本部より報告があり、直近の数字では建物部分火災1件、半壊4件、負傷者13人、液状化4か所、道路陥没104か所など、被害は幸いにも死者が出ることも無く済みました。また被災者支援として、募金による義捐金2500万円、春日部市からの災害見舞金300万円。市営住宅などへの住宅提供が行われています。

そこで春日部における防災対策についてお伺いしますが、防災対策は多岐にわたっていますので各論は2回目の質問としまして、まず、3月11日の東日本大震災を経験して、今の市の地域防災体制や計画に反省点・見直しする点が有るかどうか伺います?
今の市の地域防災体制や計画は平成19年3月改定の計画でしょうが、その中には<放射能対策>や<高層建物EV対策>などの項目は無いように思いますが、付加するもの修正するものなどは無かったのでしょうか?
仮に、反省点・見直しする点があるとすれば、どんな点でありいつ頃を目途にしているのかご答弁をお願いいたします。

(第2回目)
第2回目は各論を、お伺いします。
① 春日部市としては綾瀬川断層による地震(P2-5・MC7,4震度6強)を最も被災規模が大きいと想定し避難者数を4万6千人(人口の19.2%)と弾き、その数を収容する避難施設を備えていますが、粕壁地区とほぼ同数の数ですが、想定は少し少ないのではないかと感じますが、いかがでしょうか。数字の根拠を説明願います。
② 今回の震災後、生協と食糧協定を締結(P2-45)しましたがドンナ内容ですか?今まで締結していた7&Iさん等の企業と違いはありますか?
③ 防災無線が聞こえないという声を、今回多く聞きます。MC建設などで環境変化があります。改善策は考えていますか?私は、安心安全メールを1家庭に1個配信できれば前進ではないかと思いますが?どうでしょう。
④ 市役所に震災時の土日に電話すると、守衛室が出てお休みですとの対応がありました?電話対応を点検してください。
⑤ 市役所も機能しない大災害という時に備え、市民が日頃備えておくべき事として<防火心得>を定めていますがポイントはなんでしょうか?例えば、水の備蓄ならば、飲料用として一人一日3ℓ、生活用水ならば20ℓということを周知徹底するために条例化も考えられないでしょうか?
⑥ 町内会を軸に毎年行われている防災訓練ですが、今年の防災訓練開催に何か改善を考えている点はありますか?今までの防災訓練は消化器やAEDの使い方、人工呼吸のやり方が重点的だと思いますが、今回の東日本大震災からの教訓から別の観点も必要でないですか?
⑦ 災害時の相互応援協定(2-43)を宮代・杉戸などの近隣自治体と多く結んでいるが、群馬・愛知・静岡以外の遠方とは十分ですか?現在の協定締結自治体を見ると、人口のバラつき、地理的偏りを感じますが?どうでしょうか?
⑧ 現在県指定5本、市指定26本を、緊急輸送道路としていますが(P2-72)沿線の建物の耐震化は促進しなくて大丈夫でしょうか(助成制度はありますか?)
⑨ 災害があった場合に避難するのが広場ですが、そこに襲いかかる超超高温の炎の竜巻が火災旋風です。関東大震災の死者・行方不明者10万人の9割が火災旋風が原因だったそうですが、火災旋風防止のための延焼遮断帯の整備状況や避難方法は春日部市では、如何なっていますか?
⑩ 春日部市として集められた募金による義捐金2500万円、春日部市からの災害見舞金300万円ですが、義捐金が被災者に届いてないとの報道があります。春日部市分は現在届いているのでしょうか?義捐金が被災者に届くまでの流れと義捐金の現状を教えてください。
⑪ 学校体育館などの避難先の冷暖房などの住環境はどうなっていますか。
また日本人はフローリングに寝るよりも畳の上に寝る方が向いています。学校体育館などに畳の蓄積を考えるべきだと思いますがいかがでしょうか?






<来年度の中学校教科書について>
(第1回目)
来年度からの中学校教科書の採択問題です。昨日の一般質問でも取り上げられましたので、なるべく重複しないように質問したいと思いますので宜しくお願いいたします。
平成18年に教育基本法が60年振りに改正され、<道徳心><伝統と文化を尊重><国と郷土を愛する・・・態度を養う>などの文言が加わりました。平成20年には新しく学習指導要領が改訂され、それに基づき、4年に1度の中学校教科書の採択に向け、今年の春、中学教科書検定結果が明らかになり文科省の情報プラザ等で公開されたそうです。

公立中学の場合、どの会社の教科書を使用するのか(いわゆる教科書採択)は、県立中学は県教育委員会が決め、市町村の場合は地元の教育委員会が決めると<地方教育行政の組織運営に関する法律23条の教育委員会の職務権限>に定められていると聞きます。そこで第1回目の質問は3点伺います

① 春日部市内の中学教科書採択の手順・しくみ、調査研究教科書採択の際の春日部市教育委員会の議事録公開については昨日質問がありましたが、その答弁にあった、展示会についてですが、来場者数は総数で2200名、そのうち一般の方は65名とわずかであり、もっと来場者数を増やすためにHPや学校だよりで案内しているとありましたが、それにしても少なすぎると思います。4年に1度の採択が今回ですから他の手段は考えられないのでしょうか?とお尋ねします。
そして議事録公開ですが、春日部の属する15採択地区内の久喜市や幸手市など8市町でも同様に非公開しているのか伺います。
②埼玉県議会では<教育基本法・学習指導要領の目標を達成するため最も適した教科書の採択を求める決議>が今年の3月議会で採択されたそうですが、表題は<教育基本法・学習指導要領の目標を達成するため最も適した教科書の採択を>となっています。その内容についても説明をお願いいたします。

③今回の採択のキーポイントというか大事な視点についてお伺いします。新教育基本法は義務教育について<国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする(第5条2項)>とし、新学習指導要領も総則に<伝統と文化を尊重しそれらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し>と規定していますから、今回のキーポイント・大事な視点は<伝統と文化、愛国心、郷土愛>であり<国家及び社会の形成者としての資質を養う目的>ではないかと思いますから、前回との違いはこの点にあると思いますが、いかがでしょうか?今回はどの様な観点から比較検討し採択しますか?

私は、今回のキーポイントを<我々の祖先そして日本は、悪いことばかりしてきた。だから反省し諸外国に謝罪し続けなければならない。昔の日本は最悪だった>という所謂<自虐史観からの脱却>であり、学生諸君が日本人としての誇りを持ち、祖先からの遺産を守り、日本の歴史を発展させる教育を実現しようと言うことではないか、と考えます。


昨日の一般質問では、特定の教科書の名前をあげて平和憲法の精神に相応しくない・・とありましたが、私は別の観点から以下質問します。
(第2回目)
来年度の中学校教科書を見る事が出来るのは展示会以後で、私の手元にまだ在りませんから現在、春日部市内の中学校で使用されている教科書と新しい学習指導要領との精神を比較し考えてみます。

① 新学習指導要領の中学歴史の目標には、<我が国の歴史に対する愛情を深め、国民としての自覚を育てる>とあります。しかし現在、春日部市内の中学校で使用されているT書籍の歴史教科書には、幸徳秋水(P158)や民権運動の岸田俊子(きしだとしこP151)や3・1独立運動の柳宗悦(やなぎ むねよしP175)を取り上げていますが、その一方で、日本の歴史上大変重要と思われる神武天皇、仁徳天皇、二宮尊徳、勝海舟、乃木希典、東郷平八郎などの記載がありません
また、1592年からの朝鮮出兵を朝鮮侵略と書き、ご丁寧にも李舜臣の写真と解説まで付け(P87)英雄として扱っています。その一方で、文永の役(1274年)弘安の役(1281年)の元寇については侵略とせず、<モンゴル来襲>と書いています。一体何処の国の教科書か、との疑問が湧いてきます。
論争の続く近現代史における、日清・日露・大東亜戦争や韓国併合・満州事変・南京事件などの表現だけでは無いのであります。これで子供たちが自然と<伝統と文化、愛国心、郷土愛>であり<国家及び社会の形成者としての資質を養う>ことが出来るでしょうか?

② また新学習指導要領には<日本国憲法の平和主義について理解を深め、我が国の安全と防衛および国際貢献について考えさせ・・・戦争を防止し、世界平和を確立するための熱意と協力の態度を養う>とあります。しかし現在、春日部市内の中学校で使用されているT書籍の公民教科書では自衛隊を否定的に扱い<平和と安全を守るためであっても、武器を持たないというのが日本国憲法の立場ではなかったかという意見もあります>とか<防衛体制の整備や強化が、世界平和や日本の安全にとってふさわしいものかどうか疑問視する声もあります>(P40・41)と記述しています。この調子であれば、来年度の中学校教科書には、今回の東日本大震災に対する自衛隊の多大なる貢献についてドンナ記述になるのか心配するところです。

竹島や尖閣諸島などの領土領域問題では、新学習指導要領解説社会編P49には、<北方領土が我が国の固有の領土であることなど・・・現在ロシア連邦によって不法に占領されているためその返還を求めていることなどについて、的確に扱う必要がある。また・・韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様に我が国の領土領海について理解を深めさせることも必要である。>なっていますが、現在、春日部市内の中学校で使用されているT書籍の公民教科書では(P155)<不法占領が行われている>との記述無し、となっています。

これらが新学習指導要領に沿ったものであると言えるのか、御所見をお示しください。
(第3回目)
<自虐史観からの脱却>しモット日本が好きになる教科書採択をお願致します。
  1. 2011/06/09(木) 19:48:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiji5inoue.blog46.fc2.com/tb.php/72-340894be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。