井上えいじ の ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



やはり、3月議会最終日に採決が行われた、共産党から出された沖縄の辺野古移転反対に関する、私の
 反対討論を掲載します。沖縄に関しては、あまり関心を払って来なかったひとも多いと思いますが、左翼の
 反戦拠点化している現実を直視しなければ誤った世論誘導に乗せられかねません。
 気を付けましょう。



<「沖縄県民の総意を尊重し、辺野古への基地建設を断念するよう求める 意見書」 への反対討論>

議席番号9番の井上です。議第・・号議案・・・に反対の立場で、簡潔に討論を行います。
この意見書案はアジテ-ションとレトリックで一杯の、下手な作文の見本です。
●最低でも県外、と言った鳩山由紀夫さんも最後は辺野古しか無い、と中井真知事に謝罪したように、辺野古移設が沖縄の基地縮小の道なのです。中国が尖閣を狙っている、この時期に、辺野古移設で5000haが返還され9000人の海兵隊員が減るのです。
●そもそも辺野古への基地移転は、1995年の少女強姦事件から出てきたもので、名護市の賛成により2005年に浅瀬案が作られましたが、滑走路1本のL字案が名護市の要望で滑走路2本のU字案に変更。さらに名護市の再要求で沖合いに変更された経緯があります。名護漁協を始めとする地元は地域振興から基地誘致に賛成なんです。なのに、何で「基地反対」が沖縄の総意なんでしょうか。知事選挙では、仲井真さんが負けましたが、辺野古容認派の下地さんも加えると得票率47.2%で惨敗と言うわけでは有りません。総選挙でも容認派は40.54%で自民党は全選挙区で比例復活当選しています。沖縄の総意とは誘導尋問の類です。
このような経緯から分かるように、移設を反戦運動に利用するべきではありません。沖縄の関心事は、那覇空港の第2滑走路の早期完成にあるのです。

●「基地の無い沖縄の悲願」と書いていますが、普天間基地完成は1945年。普天間第2小学校を、宜野湾市が危険を承知で建設したのは24年後の1969年です。2011年の移設誘致は、辺野古と国頭村(くにがみそん)安波(あは)との争奪戦でした。又、東京ド-ム35個分あるにも係らず、未使用のためC:ハンセンを返還しようとしたところ、名護市議会は海兵隊基地の継続使用を国に要請しました。これは、未使用でも年間借地料が1億3000万円も転がり込んでくるからです。沖縄が基地継続を希望し、防衛省が返還してほしい、と言うのが実情です。知事に当選した翁長雄さんが自民党県連幹部で那覇市長時代に「振興策なんか要らない」と言いましたが、知事になっても言い続けられるか興味の有る処です。
●「沖縄の負担軽減は事実に反する」と書いていますが、普天間基地は480Ha 辺野古は半分以下の210Haで、騒音も殆ど無くなる事から、基地負担軽減になることは明らかです。因みに、沖縄ばかりが、基地被害を受けているような文章ですが、日本で一番危険な基地は、厚木基地であり、1964年にはF8が墜落しています。東京都心にも基地があることを知っている人は少ないのですが、六本木ヒルズから300mの処に麻布米軍ヘリコプタ―基地があるように、日本全国で基地負担は行われているのです。それでも日本政府は全国最低の沖縄の県民所得等を考え、本土では無料である米軍基地借地料を、沖縄には毎年811億円支払っています。県民税負担にしても、ガソリンや泡盛などは特別な減税措置を講じています。沖縄の負担軽減もさることながら、本土の負担軽減も考えるべきで、復帰以来11兆円もの巨額の振興資金が投じられてきたことを認識すべきです。

●私たちが留意すべきは、中国が「尖閣の次は沖縄」だと「琉球独立運動」を画策し、沖縄県民が本土を敵対するように思想攻撃をしている事です。基地問題しかり、沖縄戦しかり、集団自決しかり、沖縄差別論、歴史問題しかりです。本土の我々は「沖縄には迷惑をかけてきた」との贖罪意識を植付けられていますが、戦争では「沖縄戦」だけでなく、東京大空襲で10万人、広島・長崎への原爆投下のように本土でも戦争被害はこうむっていることを沖縄県民に認識してもらうべきです。集団自決命令の嘘に関しては、先の議会一般質問で紹介しました。残るは歴史認識ですが、沖縄が中国の領土であった事は有りません。琉球処分からでもなく、1609年の薩摩の出兵からでもなく、沖縄と日本は深く繋がっています。沖縄初代統一王朝の瞬天(しゅんてん)は1156年に保元の乱で敗れた源為朝(みなもとの ためとも)の子供です。政府は琉球国が独立国であったかは回答困難と今年3月6日質問趣意書に回答していますが、中国の「琉球独立論」に充分警戒しなければいけません。
●以上のことから、支離滅裂なこの意見書には反対いたします。
  1. 2015/03/16(月) 17:28:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiji5inoue.blog46.fc2.com/tb.php/226-496c98bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。