井上えいじ の ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



9月議会に共産党から集団自衛権に関する意見書が提出され、私は以下の内容の討論を行いました。

反対討論 <憲法解釈の信頼を損なう 集団的自衛権 行使に反対する意見書>
議席番号19番。井上英治で有ります。
● 意見書は、集団的自衛権を認める事=即・戦争とのレトリックを使っている・・
● 集団的自衛権は世界では、固有の権利として認められている。
 国連憲章51条。 サンF講和条約5条C。 日米安保条約前文。
 これは1945年2月のヤルタ会談で5大国の拒否権が認められた為だ。
 国連の認める集団的自衛権行使するために日米安保が結ばれた。

● 政府解釈はおかしい。戦力は否定し、自衛力の保持は認めている
  交戦権を否定し、自衛権行使は認めている。
  当時の野党の再三の要求で政策的に作った政府解釈なら、政策的に国際水準にすべきだ。

● 集団的自衛権は、自動的に発動されるものではない。
  我が国が独自に政策的に判断すべきものを憲法解釈にしているのがオカシイ。


● 冷戦時代にNATO対ワルシャワ条約機構と言う、集団的自衛権組織があった時、集団的自衛権反対を言っていた のか??NATO条約5条(締約国にたいする武力攻撃を全締約国に対する攻撃とみなす)


● 意見書には「憲法で戦争を放棄し武力の行使を禁止している日本が・・」と書かれていますが、書いた方は非武 装論者なのか、武装容認論者なのか・・最高裁は昭和34年の砂川判決で<憲法の平和主義は決して無防備無抵抗 を定めたものではない>と言い、立法府・国会は自衛隊法・有事法制・PKO法を作っている。
 自衛戦争は出来るのだ・・

● 非武装論者なら、憲法を何処から読んでも非武装だと言うように憲法改正すべでしょう??

 「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して・・安全と生存を保持しようと決意した」という文章を引用して いるが、なにか夢を見ているのですか・・竹島を不法占領し、尖閣を盗んだものだと世界に嘘をつき、無慈悲に ミサイルをぶち込むと豪語する国がすぐ近くにいるのを忘れていませんか??

  1. 2013/10/02(水) 12:04:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiji5inoue.blog46.fc2.com/tb.php/174-9c3d8b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (241)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。