井上えいじ の ブログ



改めて被災地視察しました

災害の実際と地域防災・減災・復興の課題と題する、自治体議会政策学会の研修会に10月25・26日の木金2日間、参加してきました。今年の春に続き2回目となりました。

初日は、岩手大学内にある放送大学岩手学習センタ-で、斉藤徳美岩手県津波復興委員会総合企画委員会委員長から、三陸沿岸の津波防災の取り組みと復興と題する講義。ならびに、越野修三岩手県防災危機管理監から岩手県災害対策本部の対応と題する報告を伺った。

そして2日目は、バスで盛岡駅から、遠野市後方支援基地、釜石港、釜石市市街地、釜石市鵜住居地区、大槌町、山田町、宮古市田老地区を行政視察した。

印象に残ったのは、津波対応として、高台に町を移す、高い堤防で町を囲うと言われるがいずれも不可能で、避難さえすれば命は助かる事を再認識すべきだ。そして非難は東北弁で言う<てんでんこ>。つまり、津波研究家の山下文男さんが書いた<津波てんでんこ>
で指摘する、家に戻らずバラバラに逃げることを普段から家族で話し合う事だと言う。今回も、家族を心配し家に戻った方が犠牲になっている。地震観測136年で数千年数万年の自然の息吹は認識しがたい! と斉藤委員長は語っていた。

視察では復興が一向に進まない現実を見て、所得税.2年増税した19兆円の復興予算
はどうなるのか心配になった。復興が進まない理由は、新しく町づくりしようとしても土地転用手続きが複雑、省庁の壁、土地所有者の相続問題、国からの交付金補助金も事業限定・縛りがあって難しい。5省庁縦割りで自治体が自由になる財源の不足、事業立案などの人と金が被災地には無い、など沢山あり過ぎるとの事だった。特区構想(産業再生、保険・医療・福祉の基準緩和など)も縛りを外すハズだったのに生きていない。


  1. 2012/11/07(水) 23:38:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiji5inoue.blog46.fc2.com/tb.php/143-bbd1dccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (240)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター