井上えいじ の ブログ

問題意識をもつ大切さ

旧聞に属するが、日本芸術院会員で画家の絹谷幸二さんは、<アートな匙加減>というエッセイを書かれていて、その3月26日付けの<画家の目は鵜の目鷹の目>を読み直ししたが、成程と感心させられた。

葛飾北斎の作品、富嶽三十六景の中に有名な<神奈川沖浪裏>と言うのがあるのだが、この作品を書いた秘話があるという。彼は、兄弟弟子の作品である<鷹の杉戸絵>をみるために、千葉県いすみ市の行元寺(ぎょうがんじ)に立ち寄ったそうだ。しかし彼は、欄干下の<鷹の杉戸絵>には目もくれず、当時、波を彫らせれば、右に出るものがいないことから<波の伊八>といわれた、彫刻家<伊八>の彫り物をめざとく見つけ、その構図を鵜の目で拝借。<神奈川沖浪裏>を描いたという。

そこで画家の絹谷幸二さんは、<学ぶ心がなければ、薄暗い寺の欄干に気が付かなかったであろう。鵜の目鷹の目とは、いくつもの視点を持つことで画人にとっては金言に値する言葉なのだ>と結ぶ。

私は、<学ぶ心><鵜の目鷹の目>を<問題意識>とか<好きこそ物の上手なれ>と言い換えても良いと思うのだが、とても大切なことだと思っている。



  1. 2009/07/30(木) 12:41:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (240)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター