井上えいじ の ブログ



                        市政レポ-ト 平成29年春号

井上提案が、早速実現される !!
市民活動センタ―、男女推進センタ―の開館日が大幅拡大
され、利用者サ-ビスが高まります・・!!

 春日部市3月議会は2月20日から3月16日までの25日間行われましたが、執行部提案47議案の中に「市民活動センタ―条例」「男女共同参画推進センタ―条例」改正案が提案され、平成30年4月1日より直営から指定管理に移行されます。
これによって市民活動センタ―の火曜日、男女共同参画推進センタ―の月曜日・休日の定休日は廃止され、休館日はそれぞれ年末年始のみと改善されます。又、貸館受付業務も両センタ――とも夜9時半まで(現行は市民セ7PM、男女は5:15PM)と拡大され、利用しやすくなります。私は昨年の12月議会一般質問で「指定管理を拡大すべし」と主張。低い稼働率、職員配置から、市民セや男女セ、公民館、文化会館などを具体的に取り上げ実行を迫りましたが、これが今回一部実現したわけです。今後も問題点を取り上げてゆきます。

3月議会での私の一般質問は、以下の他に成人式のあり方を取り上げました。

公共施設マネイジメント計画では無駄使い排除、行政の身を削るスリム化は必要・・!!

 公共施設マネイジメント計画(以下M計画)は、昨年12月15日の全員協議会で説明があり、計画目的は春日部市内の公共施設が平成39年度以降に大量の立替時期を迎えると言うことです。
少子化で収入減になる一方、医療・介護・子育てで支出は拡大する財政状況の中で、このM計画の31年間の計画期間平均で、毎年、ハコモノ関係は34.1億円。インフラ関係は36.6億円。合計、毎年70.7億円の財源不足が生じる見込みであると言うことです。春日部市の毎年の一般会計が700億円規模であることを考えると大変な数字です。無駄遣い、行政のスリム化をやらなければ、学校や公民館の集約を図る際に市民の合意、納得は得られないと考え、M基本計画の中での土地の取扱いを質問しました。
 具体的には、春高前税務署跡地1006坪(行政財産)は、約2億円で土地開発公社からH18年3月に取得して、公園緑地課が自治会との覚書(平成20年4月1日)で暫定利用しています。直ぐ近くの中央公民館駐車場(909坪)は、年額456万円で借り受け、又、春高脇(借地)の自転車置場(340坪)も約53万円の固定資産税を免除し無償で借りています。一方、総合福祉センタ―アシスト脇の保健センタ―用地(公社所有894坪)は空地のままです。
こういったチグハグな空地、借地関係は他の場所でも存在していることから、無駄の排除、有効利用の立場で一体的に考え直すべきだ、と質しましたが、前向きの答弁は有りませんでした。

<トピック①> 新市役所は西口との条例が成立・・・・・!!
市役所移転は、審議会が5月に答申を、議会特別委が11月に報告書を出したことを受け、今3月議会に「市役所の位置を定める条例」が提案され賛成多数(反対は私1人)で成立しました。又、12月議会に東口13町内会長、2商店街長の連名で出された「新庁舎を東口へ」との請願は、継続審査にされていましたが、やはり賛成は私1人で否決されました。残る東口活性化に向けた懸案は、商工センタ―跡地活用が中心課題となります。想定される施設として「観光スペ-ス」「行政サ-ビスセンタ―」「多目的スペ-ス」「労働基準監督署」「ハロ-ワ-ク」を環境経済部は構想していますが、これで東口が活性化されるとは思えません・・。

<トピック②>本年度当初予算の特徴 ・・・・!!
一般会計は過去最大の703億円で歳出では、ごみ焼却施設32億(32億増)、生活保護59億(7億増)の伸びが目立ち、市債残高は1371億円(▲22億円)、市基金残高は90億円(▲4億)でした。
<トピック③>春日部市独自の介護「新しい総合事業」始まる ・・・!!
要支援1・2と基本チェックリスト該当者は、29年4月から今までの介護サ-ビスに加え、ホー
ムヘルプA(掃除洗濯などの生活支援),デイサ-ビスA(機能訓練)が受けられるようになりま
す。相談は地域包括支援センタ―までどうぞ。
 
<トピック④> 窓口払いは廃止に・・・・・!!
こども医療費とひとり親家庭の窓口払い廃止対象機関を接骨院まで拡大します。こども医療費は29年10月1日から、ひとり親家庭は30年1月1日からです。

<トピック⑤> 碇神社のイヌグス周辺環境を改善します・・・・・!!
粕壁が船運盛んな時代に船着場の目印とされた、匠大塚近くの県指定天然記念物である碇神社のイヌグスが観光資源として生きるように、案内板の設置や雑木の伐採を約960万円で行います。

<トピック⑥> 駅構内東西「通行費用」の実験が行われます・・・・・!!
本年7月から駅入場券代金を月額上限1000円まで補助するための実証実験です。対象者は未就学児、障がい者と保護者1名。及び後期高齢者です。予算額500万円。又、春バスの東西連絡便も予定されています。

<トピック⑦> 保育園改修工事・・・・・!!
春日部保育園・小鳩保育園の増改築、三愛保育園の改築の園舎建替えに対して、5.1億が予算化されました。これにより定員は春保が29名増の59名、小鳩
  1. 2017/03/22(水) 11:05:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0


以下の運動を行いました。どのような効果がでるでしょうか。

各位                        

歴史の書き換えを阻止しましょう!!

 今、文科省は「聖徳太子」を「厩戸王」に変えようとしています。
 これまでも「大化の改新」を「乙巳の変」に、「大和朝廷」を「大和政権」に、「元寇」を「蒙古来襲」と書き換えたり、「鎖国」という言葉を使わなくしたりと、皇室と明治を消し去ろうと受け止められる動きが目に付きます。今回の「厩戸王」の件も同じ動きかも知れません。
 「新しい歴史教科書をつくる会声明」や、本年2月23日付の藤岡信勝先生の正論「聖徳太子を抹殺する指導要領案」や同2月27日の産経新聞社説「豊かな知識の継承断つな」を参考にされ、行動を起こしていただくようにお願いするところです。宜しくお願いいたします。

平成29年3月吉日
  1. 2017/03/19(日) 23:18:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

  

強調文
3月議会が終わりました
週明けに市政レポ-トを掲載しますが、市役所移転は、西口の旧市民病院跡地になりました。

市役所の位置を定める条例へ反対、及び「東口に移転を求める」請願への賛成は、予想通り私一人でした。
  1. 2017/03/19(日) 23:08:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成28年年末年始号     


人口減少に対応した公共施設(ハコモノ・インフラ)の
見直し・削減が始まります・・!!



 春日部市12月議会は11月28日から12月16日までの19日間行われましたが、議論として注目されたのは、中央図書館の指定管理への移行、庄和・武里地区学校再編、市新庁舎を春日部駅東口地区に求める請願などで今議会は「一般質問議会」の様でした。むしろ、市民サービス低下と言う今後切実な問題となりかねないのは15日の全員協議会に行われた「公共施設マネジメント基本計画」です。この基本計画は
●春日部市は人口が減少します(現状推移で2060年に14万2千人。対策を講じて18万9千人)。それに伴い市税収入は減少(ピーク時比で8.3%減)。歳出は増大(同比で4.3%)します。公共施設の老朽化。修繕費用不足がおきます。従って開始予定の公共施設の見直しを第1期として29年度~39年度まで行います。
●春日部市の持っている公共施設は・・粕壁地区は裏面参照
(1)ハコモノは文化会館など282施設で、延床面積は48.1万m2。内、教育施設が56.5%。公民館などが7.1%。スポ-ツ施設が4.6%。児童館などが6.2%。行政施設が6.8%など・・です。
そして、ハコモノ施設の利用状況は26年度実績で平均26.2%。高利用率は旧谷中小体育館の51.7%。低利用率は豊春地区集会場の3.2%です。
(2)インフラは、道路、橋、上下水道施設、公園、ゴミ・し尿処理場、揚排水場、公衆トイレなど、606施設。2,500Kmで北海道から沖縄までの距離に匹敵します。
(3)これらの想定される将来コストは31年間(平成29~59年度)で、ハコモノ4693億円。インフラで111.1億円にものぼります。
(4)そのコスト縮減のため、ハコモノでは、延床面積を▲20%(学校の統合・複合化)。インフラでは長寿命化、新規整備抑制などで対応を考えています。
(5)今まで公共施設建設にハコモノで117.3億円/年をかけて来ましたが、将来コストが151.4億円/年掛かると不足額は34.1億円/年となります。同様にインフラでは74.5億円/年掛かってきましたが将来コストが111.1億円かかるため、不足額は36.6億円/年となります。

私の一般質問は、以下の3項目でした。

敬老会参加者に1日春バス無料券を・・!!



●「より喜ばれる敬老会について」の質問では、毎年9月に75歳以上の方を対象に行われていますが、今年は記念品の紅白饅頭で、26年は藤ちゃんカ-ドの1万円ポイント付与で、参加者から不満が寄せられました。来年はこの様なことが無い敬老会のために、参加者へは1日春バス・フリ-乗車券の発行などを提案し要望しました。参加者数の予測は過去の参加状況、天候、アトラクションからの推移で、今年は対象者28.165人のうち3448人(12.2%)が参加。地区別では、粕壁17.2%、内牧12.4%、幸松16.8%、豊野12%、武里9.5.%、豊春9.5%、庄和11.9%です。
また、アンケ-ト集計結果では「良かった」が全般では82.7%、アトラクションでは71.4%、画展では38.3%、保育所メッセ-ジでは37.2%、饅頭では61.2%となっています。一方、18団体からの12~13点の協賛品は年度によって内容・個数も異なり、参加者によって違っています。ちなみに紅白饅頭引換券発行枚数は660枚でしたが交換した方は563人でした。

●{指定管理を拡大すべし」の質問では、市民サ-ビス向上に向けて市民活動センタ―、男女共同参画推進センタ―、公民館、文化会館を取り上げ、低い稼働率の実態、職員配置状況、委託し易い貸館業務以外の業務は何か・・などを問いただし市民活動センタ―、男女共同参画推進センタ―などは早期にシルバ-人材センタ―などに管理を任せるべきだ、と主張しました。(裏面参照)
これに対し、時期は言及しなかったものの「検討する」と前向きの答弁でした。

●「消防団応援の店について」ですが、埼玉県は消防団員不足対策として、消防団カードを発行しカード提示でお店の割引などを受けられるようにしたのですが、加えて春日部市独自の応援の店を募集すべきではないか、との質問です。春日部市内の現状は、春日部8分団119名、庄和6分団80名ですが平均年齢は春日部46.1歳、庄和42.6歳で、40歳未満は春日部8名、庄和12名と厳しい事から若手の入団が待たれています。

<トピック①> 市役所東口移転を求める請願は継続審査へ・・・・・!!
市役所移転は、審議会が5月に答申。議会特別委員会が今12月議会に西口旧市立病院跡地が良いとする報告(私のみ反対)を出したことを受け、1月31日には全員協議会において基本計画の説明を予定しています。この流れを受け12月議会に東口13町内会長、2商店街長の連名で新庁舎を東口へ、との請願が出されましたが継続審査となりました。又、11月16日商工センタ―で開催された東口商店街の移転を考える集会にも私以外の全議員が欠席しました。

<トピック②> 庄和北部と武里南部学校再編案まとまる・・・・!!
 生徒数の減少から平成31年4月開校を目指した学校再編は、庄和では宝珠花小(在校生63名)と冨多小(同53名)を江戸川中(同77名)敷地内に新校舎建設し統合。武里では、中野中(同381名)と谷原中(同204名)を統合し中野中敷地内に新学校(名称は公募)を設置します。
 
<トピック③> 28年度議会報告会アンケ-ト結果・・・・・!!
  参加者は37名。参加者年齢構成は60代以上で78.3%。開催時間は「長い」21.6%、「少し長い」18.9%開催への評価は「評価する」75.7%「少し評
  1. 2016/12/20(火) 12:55:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月議会が11月28日から始まっています。最終日は12月16日金曜日の予定ですが、本日の6日からは一般質問です。
私は、本日4番目で、私の前は共産党の松本浩一議員でしたが、取上げた材題は「市長の市議会への姿勢」と「武里、庄和地区の小学校、中学校の再編成」問題でした。
 その中身は、今年の9月議会の最終日(9月15日)に行われた、松本議員の一般会計決算認定への反対討論の際に、石川良三市長が「出来の悪い討論だ」「今後の共産党への対応を考える」とのヤジを言ったという問題を取上げたことです。
私の不確かな記憶では、ヤジは討論中でなく討論が終わってから皆が席を立ちかけているときの事ではないか・・と思います。
通常は「・・・との声有り」と書かれる速記録にも記載が無いぐらいですから、「ヤジは議会の花」と言われるぐらいで、常識的範囲のヤジならばやり返すぐらいで良いのではないか、と思います。松本議員もヤジにかけては人一倍回数が多いのですから・・。

普段はチラホラの傍聴なのに、50人前後の大動員をかけ、松本議員に対する拍手をも受けて登壇した松本議員でしたが、再三に渡る追及に対し、市長は「議長の議会整理権に真摯に従います」との簡単な答弁を繰り返したため、質問者の松本議員自身が議長に休憩を求めてしまいました。会田議長は各派代表者会議を宣言し、協議の結果、松本議員の要求していた謝罪無し、で議事は続行となりました。質問者議員自身が議長に休憩を求める、など非常に珍しいことです。

お陰様で、各派代表者会議を始めた11時39分から12時まで議事は中断し、昼ご飯を挟んで午後1時から、松本議員の1時間の持ち時間の残り24分を行うことになりました。つまり持ち時間1時間の内40分プラス各派代表者会議の時間20分を、この問題につぎ込んだ訳です。そんなに時間をかける問題か?と一般市民は感じるのではないでしょうか。

私は「もっと喜ばれる敬老会にために」「消防団カ-ドについて」「指定管理の適用拡大をすべきだ」という3項目を質問しました。又後日、市政レポ-トで報告いたします。
  1. 2016/12/09(金) 22:11:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

eiji5

Author:eiji5
春日部市議会議員
  井上えいじのブログにようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (229)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター